首相遅刻が原因?閣議4分遅れ 副長官「特段の事情ない」

閣議に臨む岸田文雄首相(中央)=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
閣議に臨む岸田文雄首相(中央)=5日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

政府が5日開いた閣議が予定から4分遅れで開催された。磯崎仁彦官房副長官は5日午前の記者会見で「これまでの閣議も開始予定時刻の数分後に閣議が開催をされたことがある。特段の事情があって、遅れたということではない」と述べた。

この日、岸田文雄首相は午前9時40分に官邸に到着する予定だったが、実際は15分ほど遅れた同56分で、午前10時に予定されていた閣議の直前だった。閣議の開始がずれ込んだ要因について、首相の出邸が遅れたことが影響しているかを問われた磯崎氏は「特段の事情はなかったということ。これ以上の回答は特にない」と語った。