フォト特集

ロッテ・佐々木朗「思いを背負いながら投げたい」 CS、6日に開幕

練習後に報道陣からバースデーケーキを贈られ、笑顔のロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム
練習後に報道陣からバースデーケーキを贈られ、笑顔のロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は6日にセ、パ両リーグともにファーストステージ(3試合制)が開幕する。パは2位ロッテが3位楽天とZOZOマリンスタジアムで対戦する。

第1戦の予告先発はロッテが佐々木朗、楽天は則本昂と発表された。

CSでは今季のレギュラーシーズンと同様に延長戦を行わず、同点の場合は九回打ち切りで引き分けとなる。

キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)

佐々木、2年目で初戦先発

プロ2年目で大事な初戦の先発に臨む。5日はZOZOマリンスタジアムでキャッチボールや守備練習を行い、登板に備えた。今週に入って吉井投手コーチから大役を告げられたそうで「びっくりはしたけど、その期待に応えられるように。思いを背負いながら投げたい」とかみしめるように話した。

キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)

楽天戦は今季3試合で1勝0敗、防御率1・35の好相性を買われ抜てきされた。後半戦は登板した全6試合で5回以上を投げ、負けなしの2勝と安定感を増している。

3日に20歳となった。小学3年時に東日本大震災で父を亡くし、10代は懸命に野球に取り組んでプロ入りを果たした。「苦い思い出の方が多かった。20代でいい思い出がつくれるように頑張る」と意気込んだ。

キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
キャッチボールを行うロッテ・佐々木朗希投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
ファーストステージ開催前日共同記者会見に登壇し、写真に納まる(左から)ロッテ・益田直也、井口資仁監督、楽天・石井一久監督、則本昂大=5日、ZOZOマリンスタジアム (代表撮影)
ファーストステージ開催前日共同記者会見に登壇し、写真に納まる(左から)ロッテ・益田直也、井口資仁監督、楽天・石井一久監督、則本昂大=5日、ZOZOマリンスタジアム (代表撮影)
キャッチボールを行う楽天・則本昂大投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
キャッチボールを行う楽天・則本昂大投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
楽天・則本昂大投手(代表撮影)
楽天・則本昂大投手(代表撮影)
練習中、笑顔を見せる楽天・田中将大投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
練習中、笑顔を見せる楽天・田中将大投手=5日、ZOZOマリンスタジアム(撮影・土谷創造)
ロッテ・佐々木朗希投手が報道陣から贈られたバースデーケーキ=ZOZOマリンスタジアム
ロッテ・佐々木朗希投手が報道陣から贈られたバースデーケーキ=ZOZOマリンスタジアム