ポルトガル、来年1月に解散総選挙 予算案否決で

レベロデソウザ大統領(AP)
レベロデソウザ大統領(AP)

ポルトガルのレベロデソウザ大統領は4日に国民に向けてテレビ演説し、来年1月30日に一院制議会の解散総選挙を実施する方針を明らかにした。ロイター通信などが伝えた。コスタ首相率いる少数与党政権の提案した予算案が協力政党の離反で先月27日に否決され、政権運営が行き詰まっていた。

コスタ氏が率いるのは中道左派の社会党。政権与党に協力する共産党と左翼ブロックが政府の予算案を巡り、労働者の保護や公共医療サービスへの投資拡大といった要望が取り入れられなかったと訴え、反対に回った。

同国では行政の実権は首相が握っているが、大統領は議会解散や選挙実施に関する権限を持つ。(共同)