堂林が広島残留 国内FA権行使せず

広島・堂林翔太内野手=2020年10月7日、広島市南区のマツダスタジアム(門井聡撮影)
広島・堂林翔太内野手=2020年10月7日、広島市南区のマツダスタジアム(門井聡撮影)

広島は5日、堂林翔太内野手(30)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留すると発表した。マツダスタジアムで取材に応じた堂林は「育ててもらった球団で、すごく愛着もあるので、カープでお世話になろうと決めた。広島で1年でも長く野球人生を送れればと思う」と話した。

愛知・中京大中京高時代にエースで4番として2009年夏の甲子園大会で優勝し、ドラフト2位で10年に広島入団。12年に全144試合に出場して頭角を現した。昨季は111試合で打率2割7分9厘、14本塁打、58打点をマークしたが、12年目の今季は70試合で打率1割9分と振るわなかった。