大リーグMVPは19日朝発表 大谷が有力候補

エンゼルスの大谷翔平選手(AP)
エンゼルスの大谷翔平選手(AP)

米大リーグ機構が4日、今季の各賞の日程を発表し、エンゼルスの大谷翔平(27)が有力候補に挙がっている最優秀選手(MVP)は18日午後6時(日本時間19日午前8時)から専門局MLBネットワークの番組内で発表する。MVPのほかサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)など、全米野球記者協会会員の投票による各賞の最終候補者は8日午後6時(同9日午前8時)から発表予定。

大谷がともに最終候補に残った、両リーグで傑出した打者を選ぶ「ハンク・アーロン賞」は9日午後6時(同10日午前8時)、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞は11日午後6時(同12日午前8時)から同番組で発表する。

大谷は今季、投手で9勝2敗、防御率3・18、156奪三振。打者では打率2割5分7厘、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁だった。(共同)