皇室ウイークリー

(717)陛下、文化勲章受章者らとご面会 秋篠宮ご夫妻、日系人大会ご臨席

文化勲章親授式の後、元プロ野球選手の長嶋茂雄氏に言葉をかけられる天皇陛下=3日午前11時4分、皇居・宮殿「松の間」
文化勲章親授式の後、元プロ野球選手の長嶋茂雄氏に言葉をかけられる天皇陛下=3日午前11時4分、皇居・宮殿「松の間」

天皇、皇后両陛下は10月30日、皇居・御所と和歌山県をオンラインでつなぎ、同県で開催された国内最大級の文化の祭典「第36回国民文化祭(国文祭)」と「第21回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)」の開会式に臨席された。

天皇陛下はお言葉で、新型コロナウイルス禍で感染対策を取りながら大会の開催実現に尽力した関係者をねぎらい、「地域に息づく文化の価値や魅力が再認識されるとともに、多くの人々の交流の輪が新たな文化の創造へとつながっていくことを期待しています」と述べられた。

式典後には、大会関係者とのご交流の機会も設けられた。陛下は県内の高校で吹奏楽部の副部長を務める生徒に、「コロナの関係もあって、部員をまとめるのはいろいろな苦労があったのではないですか」とご質問。陛下の趣味であるビオラや、クラシックの曲名なども話題に上り、皇后さまとともに生徒らと和やかに懇談された。

和歌山県で開催された「第36回国民文化祭(国文祭)」と「第21回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)」の関係者とオンラインで懇談される天皇、皇后両陛下=10月30日午後、皇居・御所(宮内庁提供)
和歌山県で開催された「第36回国民文化祭(国文祭)」と「第21回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)」の関係者とオンラインで懇談される天皇、皇后両陛下=10月30日午後、皇居・御所(宮内庁提供)

陛下は11月3日、皇居・宮殿「松の間」で、文化勲章親授式に臨み、元プロ野球選手の長嶋茂雄氏ら受章者6人に勲章を手渡された。式に続き、受章者代表がお礼の言葉を述べたのに対し、陛下は「くれぐれも体を大切にされ、今後ともそれぞれの分野の発展のために力を尽くされますことを願っております」とねぎらわれた。陛下はその後、受章者一人一人と言葉を交わし、車いす姿の長嶋氏には「お体に気を付けて」と声をかけていたわられた。

両陛下は4日、宮殿「松風の間」で、今年度の文化功労者に選ばれた加山雄三氏ら14人と面会された。