通天閣に「射っちゃダメ」 デマ画像拡散に怒り

SNS上で拡散されたデマ画像(左、中=いずれも通天閣観光提供)と実際の通天閣(右)
SNS上で拡散されたデマ画像(左、中=いずれも通天閣観光提供)と実際の通天閣(右)

大阪市浪速区の観光名所「通天閣」のネオンサインをめぐり、新型コロナウイルスのワクチン接種を控えるよう呼びかける「射っちゃダメだよ」などというメッセージに加工したデマ画像が、会員制交流サイト(SNS)で拡散されていることが分かった。

通天閣を運営する「通天閣観光」には、事実と思い込んだ人から抗議が殺到。同社は再度デマ画像が拡散された場合、法的措置も検討するとしている。

デマ画像は2日、ツイッター上で匿名のアカウントから投稿された。画像では緑色にライトアップされた通天閣のネオンサインが、通常の「HITACHI」などの文字から「射っちゃダメだよ」「治験中 射ったら あかん」というメッセージに改竄(かいざん)されていた。投稿者は「ワク〇を射たせることが目的の嘘コロ騒動が許せません」などのコメントを添えていた。現在投稿は削除されている。

同社にはこれまでに約30件の抗議の連絡が寄せられた。高井隆光社長(46)は「回復しようとしている大阪の観光業に支障が出かねず、許しがたい」と憤っている。

通天閣は大阪府の感染状況に応じてライトアップされており、大阪府の独自基準「大阪モデル」で、「警戒(黄)」から「警戒解除(緑)」に移行した先月25日、約1年3カ月ぶりに緑色になった。

会員限定記事会員サービス詳細