韓国、大統領選与党候補めぐる開発疑惑で2人逮捕

記者会見で韓国・京畿道知事職を辞任する意向を表明した李在明氏=10月25日、水原(聯合=共同)
記者会見で韓国・京畿道知事職を辞任する意向を表明した李在明氏=10月25日、水原(聯合=共同)

韓国検察当局は4日未明、与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事がソウル近郊の城南市長時代に進めた都市開発を巡る疑惑に関連し、背任などの疑いで資産管理会社の大株主ら2人を逮捕した。聯合ニュースが報じた。事件をめぐり、野党側は李氏が「疑惑の核心」だと主張し、大統領選で攻防が続いている。

李氏は疑惑への関与を否定。関与を示す証拠や証言は出ていない。

大手紙の朝鮮日報は、大株主らの逮捕で、李氏らへの捜査の足掛かりができたとの見方を伝えた。法曹界では李氏の事情聴取が不可避との声が出ているとも指摘した。(共同)