「偽ニュース」対抗で一致 台湾総統とEU議員団

4日、台湾総統府で訪問団代表のグリュックスマン欧州議員(左)に歓迎の意を表する蔡英文総統=台北(中央通信社=共同)
4日、台湾総統府で訪問団代表のグリュックスマン欧州議員(左)に歓迎の意を表する蔡英文総統=台北(中央通信社=共同)

台湾の蔡英文総統は4日、初めて訪台している欧州連合(EU)欧州議会議員ら一行と総統府で会談し、中国からの圧力を念頭に「偽ニュースに対抗する民主連盟を創設したい」と述べ、欧州と協力して対策強化に当たる考えを表明した。訪問団側も「中国の脅威」に言及した上で「偽ニュース対策で台湾の経験に学ぶ」と応じた。

蔡政権は統一圧力を強める中国の習近平指導部に対抗するため、欧州との関係強化に力を入れている。「一つの中国」原則を各国に強要する中国が反発するのは必至だ。

蔡氏は「民主主義や自由を共に守るため、欧州とのパートナーシップ関係を深めたい」と強調。訪問団の代表で、フランス選出のラファエル・グリュックスマン欧州議員は「欧州も権威主義国家の脅威にさらされている」と危機感を共有していることを強調した。(共同)