首相が外相を兼務 茂木氏の自民幹事長就任で

岸田内閣発足から1か月で記者団の取材に応じる岸田文雄首相=4日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田内閣発足から1か月で記者団の取材に応じる岸田文雄首相=4日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は4日午前、茂木敏充外相が自民党幹事長に就任するのに伴い、次の組閣までは自らが外相を兼務すると表明した。首相官邸で記者団に述べた。

また首相は内閣発足から4日で1カ月を迎えたことについて「自民党総裁選、組閣、解散総選挙、スピード感を持って取り組みを進めてきた。国民の皆さんの信託をいただいた今、そのスピード感をぜひ政策の実行に向けていきたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細