LIVE配信中

LIVE配信中

立憲民主党代表選 投開票

リニア冊子訴訟、敗訴確定 市民団体の上告退ける

走行試験が続くリニア中央新幹線の「L0系」改良型試験車=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)
走行試験が続くリニア中央新幹線の「L0系」改良型試験車=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)

リニア中央新幹線の長所を強調した漫画冊子を山梨県が作り、県内の学校に配ったのは違法だとして、建設に反対する甲府市の市民団体メンバーが県を相手取り、かかった費用約1200万円を当時の知事らに賠償させるよう求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(渡辺恵理子裁判長)は市民側の上告を退ける決定をした。2日付。市民側の敗訴が確定した。

判決によると、県は「リニアで変わるやまなしの姿」と題する冊子を作り、平成30年、約11万部を配った。原告側は「自然環境への影響など、負の側面に触れておらず偏っている」と訴えた。

令和2年6月の一審甲府地裁判決は「特定の見解を押し付けるものとは言えない」と退け、二審東京高裁も支持した。