「絶滅選ぶな」恐竜演説 国連動画再生100万回

CG動画内で、国連本部の議場に現れ、演説する恐竜(国連開発計画のツイッターから、共同)
CG動画内で、国連本部の議場に現れ、演説する恐竜(国連開発計画のツイッターから、共同)

国連開発計画(UNDP)は4日までに、米ニューヨークにある国連本部の議場に恐竜が現れて「絶滅を選ぶな」と演説するCG動画を公式ツイッターに投稿し、再生回数が100万回を超えるなど話題となっている。

約2分半の動画では、1匹の恐竜が議場に突然登場。驚く各国外交官らを尻目に壇上へ進み、絶滅について「話をさせてくれ」と切り出す。

CG動画内で、国連本部の議場に現れた恐竜の演説を聞く外交官ら(国連開発計画のツイッターから、共同)
CG動画内で、国連本部の議場に現れた恐竜の演説を聞く外交官ら(国連開発計画のツイッターから、共同)

恐竜は、自らの絶滅の原因には「少なくとも小惑星があった」とする一方、「あなたたちは気候災害に突き進んでいる」と述べ、甚大な被害を予想しつつも地球温暖化を止められない人類を批判する。「あなたたち人類は言い訳をやめて変化を起こす時だ」。恐竜がこう訴えて演説を締めくくると、聴衆が次々と立ち上がり拍手で迎えた。(グラスゴー共同)

CG動画内で、国連本部の議場に現れ、人類を批判する恐竜(国連開発計画のツイッターから、共同)
CG動画内で、国連本部の議場に現れ、人類を批判する恐竜(国連開発計画のツイッターから、共同)