森友・加計説明要求を疑問視 自民・福田総務会長

自民党・福田達夫総務会長=10月31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
自民党・福田達夫総務会長=10月31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党の福田達夫総務会長は4日の記者会見で、一部野党やメディアが森友・加計学園関連で説明を求め続けていることについて「新しい証拠がない中で説明を求め続けるということが法治主義の国家で正しいのかということについては、少々不思議だなと思う」と述べた。新証拠が出てきた場合には説明が必要だとの認識も示した。

福田氏は「法に当てはめて基本運営をしていかないと、人治主義になってしまう。権力者が人治主義になったら、怖い話だ」と語った。