「最後まで走り抜けたい」 ジャンプの高梨、北京五輪へ意気込み

記者会見後、ポーズをとるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅=4日、東京都内
記者会見後、ポーズをとるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅=4日、東京都内

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が4日、寝具メーカー「エアウィーヴ」(本社・東京)の記者会見に登場し「目の前のことをしっかりやっていくことがいい結果につながっていく。最後まで走り抜けたい」と、3カ月後に開幕する北京冬季五輪へ意気込みを語った。

10月には全日本選手権など国内3大会で優勝。「4年間積み重ねてきたものがようやく形になってきた自信が湧いた」と手応えを得た。26日にロシアでワールドカップ(W杯)が開幕し、五輪シーズンが始まる。「(五輪で)金メダルを目指して頑張っている最中だけど、一番見てほしいのは成長した姿」と話した。

記者会見後、ポーズをとるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅=4日、東京都内
記者会見後、ポーズをとるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅=4日、東京都内

同社と日本オリンピック委員会(JOC)が新たにパリ五輪が開催される2024年末までスポンサー契約を結んだことも発表された。