偽の旧一万円札輸入容疑、ベトナム人2人逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京都内のコンビニエンスストアなどで聖徳太子が印刷された偽の旧一万円札が使われた事件で、警視庁捜査2課は4日、偽造通貨輸入の疑いで、いずれもベトナム国籍の会社員、チャン・ナム・フォン被告(26)=偽造通貨行使容疑で起訴=ら男女2人を逮捕した。記番号が「PS」から始まり、「N」で終わる同様の偽札はこれまでに計約720枚が発見されており、捜査2課は詳しい入手経路を調べている。

逮捕容疑は9月上旬、ベトナム国内の郵便局から偽造された1万円札400枚を国際郵便で発送し輸入したとしている。

偽札が入った封筒を飲料の入った段ボール10箱に貼り付け、チャン容疑者の自宅や日本語学校などで知り合ったベトナム人の友人らの自宅など6カ所に郵送していた。

偽札はこれまでに、都内13区の約160店で、計約190枚使用されたことが確認されている。両容疑者らは都内のコンビニやドラッグストアなどで、ガムなどの少額商品を購入し、釣り銭目的で偽札を使用していたとみられる。