富士フイルムが決算誤開示 欧州投資家に先行

富士フイルムホールディングスは4日、同日午後に開示する予定の令和3年9月中間連結決算の内容を欧州の一部機関投資家に先行して伝えていたと発表した。開示日時を誤ったためで意図的ではないとしている。

3日深夜に担当部署が機関投資家に個別に伝えた。問題を受けて、富士フイルムは当初予定の4日午後3時の決算開示を繰り上げ、午前9時すぎに公表した。

3年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比42・4%増の962億円で中間期として過去最高だった。売上高は20・8%増の1兆2051億円。医療機器関連の販売が好調だった。