米副大統領、8日訪仏へ オーカス巡り関係修復

ハリス米副大統領(ロイター=共同)
ハリス米副大統領(ロイター=共同)

米政権高官は4日、ハリス副大統領が8~13日の日程でフランスを訪問すると明らかにした。10日にパリでマクロン大統領と会談するほか、11日には第1次大戦の終結記念式典に出席する。会談や式典出席を通じて米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設に伴い悪化した米仏関係の修復を図る。

ハリス氏は11日、マクロン氏の発案で2018年から毎年開かれている国際会議「パリ平和フォーラム」で演説。12日にリビアに関する国際会議にも出席する。

9日にはパリで最先端の医科学研究施設を視察し、新型コロナウイルス対策に取り組む米仏の研究者とも交流する。(共同)