中国、米産LNG長期購入 安定確保へ大規模契約

LNGタンカー
LNGタンカー

中国国営新華社通信によると、中国国有資源大手の中国石油化工集団(シノペック)は4日、米国産の液化天然ガス(LNG)の供給を手掛けるベンチャー・グローバルLNGと20年間にわたり、年400万トンを輸入する契約を結んだ。世界的なエネルギー不足を受け、調達先を増やすことで安定的に確保する狙い。

新華社は米中間で結ぶLNGの長期売買契約としては過去最大規模と強調。貿易摩擦の影響でLNGの米国から中国への輸出は一時減っていたが、ロイター通信によると、中国は天然ガス価格の高騰や電力不足を背景に米国産LNGの輸入拡大に向けた交渉を加速している。

シノペックの傘下企業もベンチャー・グローバルから計380万トンのLNGを購入する計画だという。シノペックは、LNGの輸入拡大は、エネルギー構造を転換し、脱炭素社会を実現する上で重要な意義があるとしている。(共同)