岡沢、坪井が決勝へ ボクシング男子世界選手権

ウエルター級準決勝でアブライハン・ジュスポフ(左)を攻める岡沢セオン=ベオグラード(ゲッティ=共同)
ウエルター級準決勝でアブライハン・ジュスポフ(左)を攻める岡沢セオン=ベオグラード(ゲッティ=共同)

ボクシングの男子世界選手権は4日、ベオグラードで準決勝が行われ、東京五輪代表でウエルター級の岡沢セオン(INSPA)が2019年大会3位のアブライハン・ジュスポフ(カザフスタン)、バンタム級の坪井智也(自衛隊)が前回フライ級3位のビヤル・ベンナマ(フランス)をともに判定で破り、銀メダル以上が確定した。

これまで日本選手の決勝進出は11年ミドル級準優勝の村田諒太だけだった。

25歳の岡沢は機敏なフットワークを生かして相手の強打を巧みに防いだ。最終3回にはジャブやストレートなど見栄えのいいクリーンヒットを決め、ジャッジの支持を得た。25歳の坪井は左ジャブで主導権を握り、3回にはフックなどを効果的に当てて快勝した。(共同)