鍵山「ノーミスで優勝を」 GPイタリア、公式練習

公式練習で調整する鍵山優真=トリノ(共同)
公式練習で調整する鍵山優真=トリノ(共同)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、イタリア大会は5日にトリノで開幕する。4日は公式練習が始まり、昨季の世界選手権銀メダリストで北京冬季五輪シーズンのGP初戦を迎える男子の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)は「コンディションはばっちり。GPシリーズ全体を通してノーミスで優勝が目標」と意気込んだ。

フリー序盤の4回転ジャンプは、サルコーの次に今季から挑戦するループとする順番に入れ替えて調整した。2種類の4回転を跳んだ友野一希(セントラルスポーツ)は「たくさん練習を積んできたし、状態はすごくいい」と話した。

女子はともに今季GP2戦目の三原舞依(シスメックス)と宮原知子(木下グループ)が得点源の2連続3回転ジャンプを入念に確かめた。 5日は男女、ペアのショートプログラムとリズムダンス、6日は各種目のフリーが行われる。(共同)