美村里江のミゴコロ

「勝山」を演じて

これまで演じた歴史上の人物で最も著名なのは「細川ガラシャ」であった。当時の女性にしては残っている資料も多く、独自解釈の小説もあり、いろいろな書籍から楽しく役作りのエッセンスを抽出したものだ。

今回、それに並ぶぐらい著名かしら、という女性「勝山」を演じた。風呂屋の湯女(ゆな)から吉原の太夫にまで上り詰めた、江戸初期の女傑である。

湯女というのは、市中の風呂屋で垢(あか)すりや食事の提供、性的サービスまでをこなした女性のこと。それに対して太夫は、幕府公認の吉原において最高位の遊女である。

幕府が吉原を創設した際、安価な風呂屋の方が人気があり、なかなか思うようにいかなかった。そこで風呂屋を取り締まり、働いていた湯女たちも吉原へ。元湯女は一種の罰則として最も低い遊女の身分で固定されていた、という説もある。そんな中で勝山は太夫に上り詰めた。

ガラシャは高貴な身分とキリシタンとしての悲劇的結末がセットだが、こと勝山は市井の逸話が多く、大変魅力的な人物だったようである。今でいう「超大型インフルエンサー」というところだろうか。

調べる前に私が知っていたのは、彼女が考案したという髪形「勝山髷(まげ)」だけだったのだが…。

勝山は通称「丹前風呂」の湯女だったが、着物に綿を入れた丹前(どてら)は、勝山が考えたものだそうだ。実は私も、毎冬家で愛用しているので驚いた(松原智恵子さんから頂戴した、軽くて暖かい上物)。

独特の派手な装いは「勝山風」と男女を問わずまねされ、ある草履の鼻緒や、花魁(おいらん)道中の外八文字の歩き方も勝山考案説がある。歌川国貞の浮世絵では見た目だけでなく「生まれつき度量が大きい」と人柄が称賛され、彼女に会うのを楽しみに、行列をなして浮かれる男衆を表した踊りまで残る。

武家風の髷、そして侍風の男装がトレードマークだったことから、実は武家の娘だったという噂もあるが、湯女以前の来歴は不明。また吉原では身請け話を全て断り、年季明けに姿を消したという。

成功の裏に参謀役がいた説も面白いが、360年以上も逸話が残るには、人間的に分厚い素地なしには不可能ではないかと思う。今回演じて特に心に残ったのは、そんな彼女の「情の厚さ」であった。