新庄監督が就任会見「新しい野球つくる。乞うご期待」

【プロ野球日本ハム 新庄剛志監督就任会見】紹介されてポーズを決める日本ハムの新庄剛志監督=札幌市豊平区(撮影・蔵賢斗)
【プロ野球日本ハム 新庄剛志監督就任会見】紹介されてポーズを決める日本ハムの新庄剛志監督=札幌市豊平区(撮影・蔵賢斗)

「新庄劇場」の第2章が幕を開けた。プロ野球日本ハムの新庄剛志新監督(49)が4日、札幌市内のホテルで就任記者会見に臨んだ。球団の歴史を振り返りながら「22代目(の監督)に選ばれたことが非常にうれしい」と喜びを表した一方、「一年一年が勝負」と表情を引き締めた。

現役時代は阪神と日本ハム、米大リーグで活躍し、派手なパフォーマンスでファンを喜ばせた。この日の会見にもワインレッドの派手なスーツに襟の大きなシャツ姿で登場し、現役時代同様に型にはまらない采配を期待させた。

新庄氏は報道陣から「北海道におかえりなさい」と歓迎の言葉を受けると、「ただいま」と白い歯を見せながらにっこり。調子の上がらないチームを外野から眺め、「僕の出番だろうと(思って)過ごしていた」と打ち明けた。

チームづくりでは「プロ野球に入ってくる選手のレベルはほぼ一緒。レギュラーとか開幕選手が誰とか、一人も決まっていない」とし、キャンプの活躍ぶりで人選を進める考えを披露。3年連続5位の成績を踏まえ、「優勝なんか一切目指しません」とおどけたものの、「新しい野球をつくっていく。乞うご期待」と声を張り上げた。

会見に同席した畑佳秀オーナーは「日本のプロ野球に新しい風が起きると期待している」と語り、川村浩二球団社長は「チームを勝たせることと、ファンサービスを実践して喜びを届けてほしいとお願いした」と注文をつけた。