神戸5人殺傷事件、男性に無罪 責任能力の有無争点

神戸地裁=神戸市中央区
神戸地裁=神戸市中央区

神戸市北区で平成29年7月、祖父母ら男女5人を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職の男性被告(30)の裁判員裁判の判決公判が4日、神戸地裁で開かれ、飯島健太郎裁判長は無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。飯島裁判長は主文の言い渡しを後回しにしていた。

無罪の男性被告は心神喪失 5人殺傷で神戸地裁

男性の犯行時の責任能力の有無が争点だった。検察側は「凶器にバットや殺傷能力が高い包丁を持ち出すなど合理的な行動もあり、責任能力は著しく減弱していたが残されている部分はあった」と指摘。完全責任能力であれば死刑を選択すべき事案とした上で、男性は当時、心神耗弱状態だったとして無期懲役を求刑した。

これに対し、弁護側は「妄想に支配され犯行を思いとどまることはできなかった」として心神喪失による無罪を主張していた。

起訴状によると、男性は29年7月16日朝、祖父母=いずれも当時(83)=と、近くに住む女性=当時(79)=を刺殺。母親(57)ら2人を金属バットなどで襲い、けがをさせたなどとしている。

検察側は捜査段階で、被告の犯行時の精神状態を調べるため、2回にわたり鑑定留置を実施した。1回目を担当した医師は「人を殺害したという認識はなく、精神症状の影響は圧倒的だった」と評価。一方、2回目の医師は、「妄想に対し現実的な判断ができていた場面もあり、正常な精神構造も機能していた」との見解を示していた。