DMV世界初の営業運行へ 徳島の阿佐海岸鉄道

年内に営業運行を開始する阿佐海岸鉄道のDMV=4月(同社提供)
年内に営業運行を開始する阿佐海岸鉄道のDMV=4月(同社提供)

徳島県海陽町の阿佐海岸鉄道が年内に、線路と道路の両方を走るデュアル・モード・ビークル(DMV)の世界初の営業運行を始める見通しとなった。国土交通省の技術検討会が4日、DMVの安全性を確認した。一般的な鉄道よりも低コストで運行でき、地域の交通網維持につながる。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた観光需要の回復にも期待する。

DMVはマイクロバスを改良し、鉄道用の車輪とゴムのタイヤを備えた車両。15秒ほどで切り替えることができ、バスと電車を乗り換える必要がなくなる。

金属製車輪を引き上げタイヤ車輪を下ろした「バスモード」で道路を走るDMV(デュアル・モード・ビークル)=8月、徳島県海陽町
金属製車輪を引き上げタイヤ車輪を下ろした「バスモード」で道路を走るDMV(デュアル・モード・ビークル)=8月、徳島県海陽町

営業区間は阿波海南文化村(徳島県海陽町)―海の駅とろむ(高知県室戸市)の約50キロ。途中の阿波海南(海陽町)―甲浦(高知県東洋町)の約10キロは線路を走行する。車両の定員は乗務員を含め23人。徳島、高知両県の名産品などが車体に描かれた車両計3台を運用する予定だ。

宍喰駅に姿を現したDMV(デュアル・モード・ビークル)。前部の下に金属製の車輪が下りて、線路をとらえている=8月、徳島県海陽町
宍喰駅に姿を現したDMV(デュアル・モード・ビークル)。前部の下に金属製の車輪が下りて、線路をとらえている=8月、徳島県海陽町
年内に営業運行を開始する阿佐海岸鉄道のDMV=3月(同社提供)
年内に営業運行を開始する阿佐海岸鉄道のDMV=3月(同社提供)