京都「OMO」3店舗でジョブローテ 星野リゾート

最大6人まで泊まれるキッチン付きの客室=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)
最大6人まで泊まれるキッチン付きの客室=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)

星野リゾート(長野県軽井沢町)は4日、京都・祇園に5日開業する都市観光ホテル「OMO5(おもふぁいぶ)京都祇園by星野リゾート」(京都市東山区、全36室)を報道陣に公開した。4月に京都・東寺近くなどで先行開業しており、市内で「OMO」は3軒目。新型コロナウイルス禍で客室稼働が大きく伸びない中、人員を抑えた運営を強化したのが特徴だ。

会見したOMO京都エリアの唐澤武彦総支配人は「(1人が複数の仕事をこなす)マルチタスクを3つの施設でジョブローテーションとして展開したい」と述べ、市内3軒の「OMO」で運営を相互に補完する取り組みを始めると明らかにした。

ガイド役を務める「OMOレンジャー」のスタッフ。ホテル内での接客もこなす=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)
ガイド役を務める「OMOレンジャー」のスタッフ。ホテル内での接客もこなす=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)

季節や時間帯などによって生じる繁閑差に応じてスタッフが柔軟に配置をかえ、3ホテルで仕事をこなすようにする。一方でフロントではタブレット端末で客自らが手軽に宿泊手続きできるなど省力化しており、その分、顧客満足に直結する観光案内などのサービスに人員を振り向けたい考えだ。

「OMO5京都祇園by星野リゾート」では八坂神社の早朝参拝など、スタッフが宿泊客を無料でガイドする=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)
「OMO5京都祇園by星野リゾート」では八坂神社の早朝参拝など、スタッフが宿泊客を無料でガイドする=4日、京都市東山区(田村慶子撮影)

OMO5京都祇園は「祇園暮らし」をテーマに八坂神社の早朝参拝をガイドしたり、老舗の仕出し料理を客室に手配したりとその土地ならではの体験サービスを提案する。

全客室のうち、24室が「OMO」初となるキッチン付き。最大6人まで泊まれる客室を用意し、家族連れやグループ客を狙う。宿泊料金は1室2人利用で1泊1人9千円から。10月に緊急事態宣言が解除され、市内に少しずつ観光客が戻る中、11月の客室稼働率は予約ベースで5~6割を見込んでいる。