「青春の勲章はくじけない心」森田健作さん、旭日重光章に笑顔

受章が決まった森田健作前知事=東京都新宿区(小野晋史撮影)
受章が決まった森田健作前知事=東京都新宿区(小野晋史撮影)

前千葉県知事でタレントの森田健作さん(71)の旭日重光章受章が決まった。森田さんは記者団に対し、「本当に光栄で大変うれしい。私を応援してくださった皆さんのおかげです」と満面の笑みを見せた。

森田さんは俳優を経て政治家に転身。参院・衆院議員を経て、平成21年から今年4月まで3期12年間に渡り千葉県知事を務めた。

知事時代で印象に残っているのは「東京湾アクアラインの通行料を800円に値下げしたこと」だと振り返り、「県庁の皆さんが『チーム森田』として一丸となって頑張ってくれたおかげだ」と感謝した。

一方、つらかったこととしては県内に大きな被害を出した一昨年の災害を挙げ、「トップとして全ての責任を取るのが大事だと思っていた」と話した。

受章を知らされるとすぐに、今は亡き両親に手を合わせ、「何とかお国にこのような評価を頂きました」と報告したという。今後については「『青春の勲章はくじけない心』だ。いろんな分野で、がむしゃらに挑戦したい」と意気込んだ。