習主席のCOP26不参加「大きな過ち」 バイデン大統領が批判

COP26首脳級会合の終了に合わせ、記者会見するバイデン米大統領=2日、英グラスゴー(AP)
COP26首脳級会合の終了に合わせ、記者会見するバイデン米大統領=2日、英グラスゴー(AP)

【グラスゴー(英北部)=塩原永久】バイデン米大統領は2日、英グラスゴーで開かれた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の首脳級会合の終了に合わせ、記者会見した。中国の習近平国家主席が会合に対面出席しなかったのは「大きな過ちだ」と批判。一方で、対中関係を「紛争ではなく競争」と位置づけた上で、両国間の偶発的な武力衝突を「心配していない」と話した。

最大の温室効果ガス排出国である中国の習氏は、会合に書面メッセージを送るにとどまった。これについてバイデン氏は「中国は世界の人々に影響を及ぼす力を失った」とし、不参加の判断を批判した。「ロシアも同じだ」とも述べた。

ローマで先月30、31日にあった20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に「失望」を表明したが、一段と矛先を強めた形だ。

ただ、バイデン氏は中国と「衝突すべき理由はない」と述べ、武力を伴う衝突を起こす恐れを「心配していない」とした。

バイデン氏によると、年内に計画している習氏とのオンライン会談の日程は決まっていないという。

一方、COP26で米国が積極的な温暖化対策を打ち出し、「存在感を示した」と指摘。多くの国が対策強化で追随したと誇った。

高止まりしている原油価格をめぐっては、ロシアや石油輸出国機構(OPEC)の加盟国が「増産を拒んでいる結果だ」と批判を強め、事態を注視する構えをみせた。