CIA長官、ロシア高官と会談 安保会議書記、モスクワで

バーンズ米中央情報局(CIA)長官=4月14日、ワシントン(ロイター)
バーンズ米中央情報局(CIA)長官=4月14日、ワシントン(ロイター)

ロシア安全保障会議は2日、同会議のパトルシェフ書記が米国のバーンズ中央情報局(CIA)長官とモスクワで会談したと発表した。

インタファクス通信は在ロシア米大使館の話として、バーンズ氏がバイデン大統領の指示に基づき2日から3日まで滞在し、ロシア側担当者らと会談する予定だと伝えた。

安保会議によるとパトルシェフ氏とバーンズ氏は2国間関係について協議。ロシア主要テレビは2日、双方が着席して会談する映像を伝えた。詳しい会談内容は不明。

タス通信によると、バーンズ氏のCIA長官就任後に両者が会談するのは初めて。バーンズ氏は元米国務副長官で、2005~08年には駐ロシア大使を務めた。

安保会議はロシアの安全保障問題の最高政策立案機関で、プーチン大統領が議長を務める。(共同)