放送のデジタル対応を議論 総務相、有識者会議設置

記者会見する金子総務相=10月15日午前、総務省
記者会見する金子総務相=10月15日午前、総務省

金子恭之総務相は2日の閣議後記者会見で、スマートフォンの普及といったデジタル化で環境が急速に変化している放送業界の在り方を検討する有識者会議を設置すると発表した。番組を放送と同時にインターネットで視聴できる「同時配信」などを議論する。今月8日に初会合を開き、来年夏ごろまでに結論を取りまとめる。

ネットフリックスやユーチューブなどの動画配信サービスの台頭や、テレビを持たない世帯の増加など、放送を取り巻く環境は大きく変わってきている。

金子氏は「これまでの枠にとらわれていては視聴者のニーズに応えられない。ネットとどう向き合うか変革が求められている」と述べた。