文氏が温室ガス40%削減表明 COP26

文在寅大統領(聯合=共同)
文在寅大統領(聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、英国で開かれている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳級会合で演説し、2030年までに温室効果ガスの排出量を18年比40%以上削減すると表明した。50年までの温室効果ガス実質ゼロに向けて26・3%としていたこれまでの目標から大幅に引き上げた。

文氏は「非常に挑戦的な課題だ」と述べつつも「韓国民は今行動するときだと決めた」と強調した。50年までに石炭火力発電所を全廃する目標にも言及した。

また、「韓国は第二次大戦以後、唯一山林緑化に成功した国として、山林復元協力の先頭に立つ」と主張。北朝鮮との山林緑化協力を通じて「朝鮮半島全体の温室効果ガスを減少させていく」とも表明した。

文政権は18年の2度の南北首脳会談で北朝鮮と緑化協力を進めることで合意したが、北朝鮮は南北対話を中断したままで当面、協力が進む見込みはない。

一方、30年までの温室効果ガス40%以上削減目標については国内の産業界などから反発も出ている。年平均削減率が4・17%以上となり、欧州連合(EU)の1・98%などと比べ、急激な削減を迫られるからだ。

文政権は石炭や液化天然ガス(LNG)による発電を太陽光や風力などの再生可能エネルギーに置き換えていく方針だが、脱原発も同時に掲げており、原発の見直しが進む英国やフランスと比べて「非現実的だ」との指摘も出ている。