常習賭博の疑い 経営者の男ら2人逮捕

神奈川県警本部=横浜市中区
神奈川県警本部=横浜市中区

客に違法な賭博をさせたとして、神奈川県警生活保安課は2日、常習賭博の疑いで、いずれも自称無職の毛利新容疑者(73)=横浜市中区若葉町=と岩本憲洋容疑者(46)=川崎市中原区新丸子町=を逮捕した。毛利容疑者は容疑を認め、岩本容疑者は否認している。

逮捕容疑はほか数人と共謀のうえ、6月28日から9月27日までの間、横浜市中区福富町西通のゲーム機賭博店で、店に設置されたパチスロ機を用いて、客に違法にカネを賭けさせたとしている。

同課によると、毛利容疑者は店の経営者とされ、店が開業した令和元年6月以降、現金約7億円ほどの純利益を上げていたとみられている。共犯者とされる店の従業員の男ら5人はすでに9月に逮捕されており、同課が調べを進めていた。