敦賀原発審査「再申請を」 規制委員長

原子力規制委員会の更田豊志(ふけた・とよし)委員長は2日の定例会合で、日本原子力発電による資料の不適切な書き換えが判明した敦賀原発2号機(福井県)の審査について「(原電が)申請を1回取り下げて、再申請する方がすっきりする」と述べた。

問題をめぐっては、審査で焦点となる2号機原子炉建屋直下の断層の活動性を判断する上で重要な地質データを原電が無断で書き換えたことが判明し、規制委が審査を中断。規制委は原電本店への検査などを通じ、信頼性のある資料を作成可能と判断できるまで再開しない方針だが、原電が提出した最新の資料でも記載漏れが見つかるなど内容が不十分だった。

更田氏は会合後の記者会見で「申請が続いている以上、審査チームを維持し続けることになる。規制資源の無駄遣いだ」と強調。一方で「実際に原電が申請取り下げの判断をする可能性は小さいと思う。そのぐらいの覚悟で次の検査に臨んでほしいというメッセージだ」とも述べた。