「就職先を反対された」 夫婦殺害容疑の長男 京都

京都府警本部=京都市
京都府警本部=京都市

京都市の夫婦殺害事件で、逮捕された長男の無職、松井公宏容疑者(36)が「就職予定だった仕事について両親から反対されていた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は動機につながる可能性もあるとみて、経緯を慎重に調べている。

府警によると、殺害されたのは松井容疑者の父、晋也さん(66)と母、倫代さん(61)。司法解剖の結果、死因は晋也さんが肺や心臓の周辺に血液がたまる左右胸腔内出血と心囊(しんのう)内出血、倫代さんは出血性ショックと判明。2人とも胸など複数箇所を刺されていた。

2人は10月31日午後4時ごろ、就職についての話をするため、京都市山科区の松井容疑者宅を訪問。2人が亡くなったのも同じ時間帯と推定され、訪問直後に殺害されたとみられる。