日韓高官、北朝鮮めぐり連携 ミサイル対応で意見交換

外務省
外務省

外務省の船越健裕アジア大洋州局長は2日、韓国の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長と電話会談した。北朝鮮による10月の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射など核・ミサイル開発をめぐって意見交換し、日韓や日米韓3カ国で緊密に連携すると再確認した。

船越氏は米ワシントンで10月19日に魯氏と米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表との3カ国協議を実施したほか、28日にもキム氏と電話会談を行い、北朝鮮情勢に関して活発に情報交換を進めている。