ベトナム人に無期懲役求刑 ホテル経営者強殺、前橋

前橋地裁=前橋市大手町
前橋地裁=前橋市大手町

昨年9月、前橋市のラブホテルで経営者の女性=当時(71)=を刃物で刺して殺害し、現金を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われたベトナム国籍の無職、レ・チュオン・ズオン被告(31)の裁判員裁判が2日、前橋地裁(山崎威裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。

検察側は初公判で、被告に殺意があったと指摘。被告は事件後に交番を訪れたが、その前に群馬県警が被告の犯行だと特定していたとして、自首は成立しないと述べた。弁護側は、女性を刺して怖がらせ金を奪おうとしたが死亡するとは考えなかったとし、自首は成立すると主張した。

起訴状などによると、ズオン被告は昨年9月10日朝、経営者の堀越つる子さんを刺して失血死させ、ホテルの事務所にあった現金約5万5千円を奪うなどしたとしている。凶器の刃物は見つかっていない。