小池都知事が退院 静養後、テレワークへ

小池百合子知事
小池百合子知事

東京都は2日、過度の疲労により10月27日から入院していた小池百合子知事が退院したと発表した。今週は自宅で静養し、その後2週間程度はテレワークで公務に対応するとしている。

小池氏は先月27日に入院し、都は「1週間の静養が必要」と説明していた。小池氏は今年6月22日にも同様に過度の疲労を理由に入院し、同30日に退院後は一時テレワークで公務にあたった。