7億円被害か 顧客資金着服疑い元行員逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

金融商品の販売で虚偽説明をして勧誘し、顧客から現金3500万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は2日、詐欺容疑で元三井住友信託銀行社員、松本裕一容疑者(36)を逮捕した。捜査2課によると、松本容疑者は平成30年5月~昨年12月、十数人の顧客から不正に約7億6000万円を預かっていたという。

逮捕容疑は同行新百合ケ丘支店(川崎市)で財務相談支援課長を務めていた昨年7月、川崎市の70代女性に「普通預金から出金して(高金利の)キャンペーンで定期預金をつくる」などとかたり、現金3500万円をだまし取ったとしている。

捜査2課によると、預かった金のうち約4億円は不正に得た資金を充てて補填(ほてん)したが、約3億6000万円は着服し、ギャンブルなどに使ったという。

令和2年12月、松本容疑者が上司に申告して被害が発覚し、同行は同月、懲戒免職処分とした。同行が警視庁に被害相談し、刑事告発していた。被害に遭った顧客には同行が全額補償するなどしていた。

同行は「お客さまや関係するすべての皆さまに多大なるご迷惑、ご心配をかけたことをおわび申し上げる」と陳謝した。