犯罪最前線

若者に広がる大麻 コロナ禍で増えるSNS取引

ツイッター上に投稿された大麻販売の内容=京都府警提供
ツイッター上に投稿された大麻販売の内容=京都府警提供

違法薬物に手を染めるきっかけになるとして、「ゲートウエードラッグ」とも呼ばれる大麻。他の薬物に比べて安価で入手しやすいことが主な理由だが、最近では新型コロナウイルス禍を背景に、会員制交流サイト(SNS)で隠語を使った手軽な取引も増えつつある。こうした影響から、未成年が絡む事件が目立ち、摘発数も増加傾向だ。使用時の年齢が低いほど健康被害のリスクも高まるだけに、捜査当局は警戒を強めている。

隠語で大麻販売

《ただいま大阪難波付近でimport gelato手押しします。1つ6500 3つ18000》

ランキング

  1. 東京・八重洲で女性2人死亡 飛び降りか

  2. 歌舞伎町ビルで男性死亡 殴打か、傷害致死で捜査

  3. 送検の71歳男性を釈放 横浜、バス停4人死傷事故

  4. ハリポタ作者に殺害予告 活動家らが自宅住所さらす

  5. 静岡市長、市職員の逮捕者続出で謝罪「前代未聞、あるまじき事態」

  6. 新宿の民泊トイレに乳児遺体 タイ国籍の女性を聴取

  7. 自動車修理工場で火災 姫路

  8. 歌舞伎町ビルの男性死亡、複数から暴行か

  9. 尖閣周辺に中国船 5日連続

  10. アレフへ抜かぬ伝家の宝刀 公安庁「再発防止処分」