米インドネシアが首脳会談、連携強化 豪原潜問題を説明か

会談するバイデン米大統領(右)とインドネシアのジョコ大統領=1日、英北部グラスゴー(AP)
会談するバイデン米大統領(右)とインドネシアのジョコ大統領=1日、英北部グラスゴー(AP)

バイデン米大統領は1日、インドネシアのジョコ大統領と英北部グラスゴーで会談し、米国のインド太平洋戦略にとって重要な地域大国インドネシアとの連携強化を図った。インドネシアは米英が協力するオーストラリアの原子力潜水艦配備計画に警戒感を抱き、米中の対立激化も懸念している。米側は原潜計画について説明した可能性がある。

バイデン氏は会談冒頭、民主主義や法の支配、国際法の尊重、海洋の自由などを挙げ「インドネシアは戦略的パートナーであり、あなたの指導力はインド太平洋にとって不可欠だ」と強調した。

ホワイトハウスによると、両大統領はミャンマー国軍が暴力をやめ、全ての政治犯を解放して早期に民政復帰するべきだとの認識で一致した。(共同)