胸など刺され出血し死亡 京都の夫婦殺害

京都府警本部=京都市
京都府警本部=京都市

京都市山科区の住宅で夫婦が殺害された事件で、京都府警は2日、遺体を司法解剖した結果、いずれも出血が死因となったと発表した。胸など複数箇所を刺されていた。

府警によると、夫の松井晋也さん(66)は肺や心臓の周辺に血液がたまる左右胸腔内出血と心囊内出血、妻の倫代さん(61)は出血性ショックだった。死亡推定時刻は2人とも10月31日午後4時ごろとした。

府警は1日、この家に住む長男で無職の松井公宏容疑者(36)を殺人容疑で逮捕。夫婦は近くで別の家に住んでいた。

夫婦は松井容疑者の就職について話をするために訪れたといい、府警は何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べている。