「新境地目指せたら」 内野聖陽さんに紫綬褒章

紫綬褒章に決まった俳優の内野聖陽さん
紫綬褒章に決まった俳優の内野聖陽さん

「一瞬耳を疑いました」。紫綬褒章の知らせに率直な驚きのコメントを寄せた。NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で好演した記憶も新しい。「自分は一介の役者。支えてくれた多くの方がいればこその演技」と感謝を示し、「挑戦と失敗を繰り返して新しい境地を目指せたら」と決意をにじませた。

文学座でリアリズム演劇の基礎を学び、ミュージカルや映像の世界に飛躍した。NHK大河ドラマ「風林火山」に主演し、ゲイカップルを演じたドラマ「きのう何食べた?」も人気を博した。硬軟織り交ぜた多面的な演技は人々を引き付け、受賞歴も多い。

「見る方々の心を作品の中に気持ちよく誘い、その世界でたくさん遊んでいただきたい。そのために役者である自分は生々しく真実を込めて生き尽くす」のが信念。「雲に隠れて見えない」という高みを目指し、さらなる前進を続ける。