「英との連携強化重要」岡部伸・本紙論説委員が講演 広島「正論」友の会

広島「正論」友の会で講演する産経新聞論説委員の岡部伸氏=2日、広島市中区
広島「正論」友の会で講演する産経新聞論説委員の岡部伸氏=2日、広島市中区

広島「正論」友の会の第19回講演会が2日、広島市中区の合人社ウェンディひと・まちプラザで開かれ、産経新聞論説委員の岡部伸(のぶる)氏が「新政権の外交・安保政策を問う~新日英同盟と対中抑止の行方」と題して講演した。

岡部氏は、日英の連携強化の重要性を訴えた上で、対中包囲網の戦略の一つとして、「英国と共闘して中国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟を阻止し、米国の再加盟を促すべきだ」と強調した。

最後に岸田文雄首相に向け、「アジアの平和と安定に『強い日本』が求められている。そのために、日本は原子力潜水艦の保有も目指し、太平洋の軍拡の表舞台に立つべきだ」などと提言した。

講演会は、感染症対策を徹底して開催された。

会員限定記事会員サービス詳細