ドイツ艦が5日に東京寄港 海自と訓練、防衛相が視察

ドイツ北部の港を出港する同国海軍のフリゲート艦「バイエルン」=8月(ⓒBundeswehr/Nico Theska・共同)
ドイツ北部の港を出港する同国海軍のフリゲート艦「バイエルン」=8月(ⓒBundeswehr/Nico Theska・共同)

岸信夫防衛相は2日の記者会見で、インド太平洋地域に派遣されているドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」が5日に東京に寄港すると明らかにした。バイエルンは関東南方の太平洋で4日から海上自衛隊と共同訓練する予定。岸氏は5日に乗船し視察することも表明した。

ドイツ海軍艦艇の日本寄港は約20年ぶりだとして「ドイツが表明したインド太平洋地域の平和と安定への積極的な貢献を示す上で、重要な意義を有する。わが国としても歓迎する」と述べた。