「けじめは当然」 枝野氏辞意に埼玉知事

埼玉県の大野元裕知事(中村智隆撮影)
埼玉県の大野元裕知事(中村智隆撮影)

埼玉県の大野元裕知事は2日の記者会見で、立憲民主党の枝野幸男代表が衆院選の不振を踏まえ辞任する意向を表明したことについて「公党の代表として、けじめをしっかりつけることは当然だ」と述べた。

大野氏は参院議員時代、枝野氏と同じ旧民主党・民進党に所属し、令和元年の知事選で初当選した際は、衆院埼玉5区を地盤とする枝野氏からも支援を受けた。

大野氏は、枝野氏が旧立憲民主党発足時から代表として党運営を担ったことを念頭に「いろいろ苦労をしたと思う」とねぎらった。