港湾の軽石撤去費を補助 国交省

国土交通省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
国土交通省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

国土交通省は2日、各地の港湾に漂着した軽石を撤去する自治体に対し、費用の一部を補助すると発表した。被災した防波堤や岸壁などの復旧事業への補助制度を活用する。軽石は小笠原諸島の海底火山噴火で発生したとみられ、国交省は1日時点で、鹿児島、沖縄両県の港湾に漂着したのを確認した。

斉藤鉄夫国交相は記者会見で「効率的で迅速な除去ができるよう、専門家の意見も聞きながら対応を進める」と述べた。

相次ぐ漂着を受けて沖縄県の玉城デニー知事は2日、国交省や内閣府などを訪問。漁業や離島航路に影響が出ているほか、観光業者から不安の声が上がっているとして、漁業、観光業に対する支援や撤去費の補助などを要請した。