SMBC証券に強制調査 社員ら相場操縦疑い

SMBC日興証券(東京都千代田区)の社員らが、特定の銘柄の株価を維持する目的で不正な取引を繰り返した疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が社員らに対する金融商品取引法違反(相場操縦)容疑の関係先として、同社本社を強制調査していたことが関係者への取材で分かった。

SMBC日興証券は、同社や社員が監視委の調査を受けていることを認め、顧客らに対して謝罪。「現在調査中のため、詳細なコメントは差し控える。監視委の調査に引き続き協力していく」としている。

関係者によると、強制調査の対象になっているのは、SMBC日興証券が仲介した「ブロックオファー」と呼ばれる取引。大株主がまとまった株を手放す際、証券会社が立会外の取引で買い取った上で売却先の投資家を募る方法で、SMBC日興証券では、大株主と投資家への提示額を、売却先がまとまった日の終値を基準にしていた。