東・北日本で雷、突風注意 寒気流入で大気不安定続く

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

気象庁は2日、東日本や北日本では上空に寒気が入り、大気が非常に不安定な状態が続くとして注意を呼び掛けた。北日本は3日にかけて影響がある見込みだ。落雷や突風、局地的な激しい雨の可能性がある。ひょうが降る恐れもある。

気象庁によると、東日本の上空約5500メートルに氷点下18度以下、北日本に氷点下24度以下の寒気が入り、大気が不安定になっている。

真っ黒な雲が見えたりゴロゴロという雷の音が聞こえたりすると、積乱雲が近づき、雷や激しい雨に見舞われる危険があるため、建物内に入るよう求めている。