なぜ?ウッドデッキで寝そべるクマ、衰弱し殺処分に

ウッドデッキで横たわったままのクマ=兵庫県佐用町(町提供)
ウッドデッキで横たわったままのクマ=兵庫県佐用町(町提供)

兵庫県佐用町の民家のウッドデッキで10月31日、ツキノワグマとみられる高齢のクマが横たわっているのが見つかった。衰弱しており、翌1日になっても民家から離れなかったため、佐用町が殺処分した。

町によるとクマは雌とみられ、体長約1・2メートル、体重は約30キロ。住民の男性(73)が10月31日朝に発見し、兵庫県警や町に連絡した。

住民の男性はクマ発見後、民家近くにある別棟に一時避難。町職員らが交代で監視するなどしていた。

民家で発見されたクマ(兵庫県佐用町提供)
民家で発見されたクマ(兵庫県佐用町提供)

一方でクマは衰弱し、発見から24時間が過ぎた11月1日昼以降も動く様子がみられなかった。同日午後2時半ごろ、町職員が県から許可を得た上で麻酔銃をつかって捕獲し、殺処分した。

佐用町内では10月に約20件のクマの目撃情報があり、町が注意を呼び掛けていた。

クマは衰弱していたという=兵庫県佐用町(同町提供)
クマは衰弱していたという=兵庫県佐用町(同町提供)