「スタートダッシュを期待したい」 富士通の時田社長

衆院選から一夜明け記者団の取材に応じる自民党総裁の岸田文雄首相=1日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
衆院選から一夜明け記者団の取材に応じる自民党総裁の岸田文雄首相=1日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

富士通の時田隆仁社長は1日、衆院選で自民党が単独過半数を確保した結果について、「国民の信任を得た与党・新政権には、明日のための取り組みと未来に向けた変革の両面でのスタートダッシュを期待したい」とのコメントを発表した。

具体的には、短期の課題として、予防・検査・治療などの新型コロナウイルス対策、ニューノーマル(新常態)につながる実効的な経済対策、積極的な外交を要望。また中長期の課題として、行政の改革とデジタル化の一体的推進、研究開発・人材育成の強化、経済安全保障の枠組み作りを要望している。