王手のブレーブスが4点先制 アストロズとのWシリーズ第5戦

アストロズ戦の7回、2者連続の本塁打となる決勝ソロを放つブレーブスの代打ソレア=アトランタ(共同)
アストロズ戦の7回、2者連続の本塁打となる決勝ソロを放つブレーブスの代打ソレア=アトランタ(共同)

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)第5戦は10月31日、気温11度、雲の多いアトランタで行われ、3勝1敗として26年ぶり4度目の頂点にあと1勝のブレーブス(ナ・リーグ)とアストロズ(ア・リーグ)が対戦。ブレーブスは一回に2死満塁から6番デュバルが右翼席に叩き込むグランドスラム。いきなり4点を先行した。

先発は両チームとも左腕で、ブレーブスがメジャー未勝利のデービッドソン、アストロズは今季11勝のバルデス。